アメリカン・コミックスの単行本を紹介していくブログ。現在仕込み中につき仮営業。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2001/01/01(月)00:03
Avengers/X-men: Bloodties
Avengers/X-men: BloodtiesRalph Macchio Matt Idelson

Marvel Enterprises 1995-04
売り上げランキング : 3880


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Avengers/X-men: Bloodties
■作:Bob Harras、Fabian Nicieza、Roy Thomas、Scott Lobdell/画:Steven Epting、Andy Kubert、David Ross、John Romita, Jr.、Jan Duursema
■144ページ/カラー/ソフトカバー/15ドル95セント/ISBN:9780785101031

 1993年度のアベンジャーズとX-メンのクロスオーバー、「ブラッドタイズ」全5話を収録したソフトカバー単行本。1995年刊。

 時系列的には、1993年夏のX-メンのクロスオーバー『フェイタル・アトラクションズ』の直後の出来事であり、「フェイタル・アトラクションズ」の事実上の完結編となる。

X-Men: Fatal Attractions
X-Men (The Uncanny X-Men)Scott Lobdell Peter David J.M. DeMatteis Larry Hama Joe Quesada

Marvel 2012-05-02
売り上げランキング : 455431


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 ちなみにタイトルのブラッドタイズ(Bloodties)は、「血縁・血族」のこと。正確には「blood ties」と間にスペースが入るが、まあ、カッコいいのでよしとする。

 そのタイトルの通り、マグニート(「フェイタル・アトラクションズ」事件の結果、植物人間になった)の血族(孫)であるルナが、マグニートの後継者を自称するファビアン・コルテスによって誘拐され、クイックシルバー(マグニートの息子)&X-メンと、クリスタル(クイックシルバーの元妻)&スカーレット・ウィッチ(マグニートの娘)&アベンジャーズが、コルテスの潜伏するジェノーシャに乗り込んで行く……というお話。

 ちなみにクイックシルバーは、この当時は政府のミュータントチーム、X-ファクターに所属……してたのだが、「フェイタル・アトラクションズ」事件の際に政府に失望し、その後『X-ファクター』第94号(1993/9。「ブラッドタイズ」の2ヶ月前)でチームを去っており、どこのチームにも所属していなかった……のだが、ストーリーの都合上、X-メンの一員だか居候的な立ち位置で本クロスオーバーに参加している。

 ジェノーシャは元々はミュータントを奴隷として酷使したことで繁栄した国家だが、1990年のX-メンのクロスオーバー「エクスティンクション・アジェンダ」にて、ジェノーシャ政府の背後で糸を引いていたキャメロン・ホッジがX-メンファミリーに打倒され、この時点では、ミュータントの権利を保障することを公言した新政権の下で復興(まあ、X-メン・ファミリーが暴れたんで、色々と荒廃したのよ)を進めていた所。

X-Men: X-Tinction Agenda
X-MenChris Claremont Louise Simonson Jim Lee

Marvel 2011-08-24
売り上げランキング : 655640


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 でー、ミュータントが解放されたジェノーシャだけども、依然、ミュータントを憎悪するマジストレーツ(ミュータント弾圧のためにキャメロン・ホッジが組織した軍団)が潜伏していたり、更なる権利向上を求めて運動を続けるミュータント組織や、コルテスにそそのかされて反政府活動を行うミュータント・テロ組織アンフォーギブンがいたりと、まあ、政情穏やかならぬ状況で、やがては市民(非ミュータント)とミュータントとの間に内戦も勃発する。

 ああ、あと「我こそがマグニートの真の後継者なり」と自称する、強力なミュータント、エクソダスなんかも、重い腰を上げようとしている(そもそもコルテスは、マグニートの信奉者の集団アコライツ内の権力争いでエクソダスに負けたので、ルナを誘拐する暴挙に出た)。

 一方で国連は、国連に協力してるメタヒューマンのチームであるアベンジャーズが表立ってジェノーシャの内政に干渉して欲しくなくて、国連の管理下にあるシールドを通じてアベンジャーズを牽制しようとしてる(けど、「行くな」といわれて「はいそうですか」と納得するキャプテン・アメリカたちじゃない)。

 またアベンジャーズのメンバーの1人、USエージェントは、大本はアメリカ政府に忠誠を誓う兵士なので、政府の超人活動対策委員会(CSA)のヘンリー・ガイリックと共に独自の任務に赴く。

 でもって、ミュータント問題の専門家であるプロフェッサーXは、大統領の要請でジェノーシャに行くことになって、ついでに密かにX-メンもジェノーシャに派遣していた……とかいう感じで、まあ、様々な勢力が入り乱れる、一大群像劇が、この「ブラッドタイズ」の醍醐味であるのだ。

 ……まあ、これらの設定が、本編ではロクに生かされてないのだけどな、ブッチャケ。


 実際のストーリーは、群像劇というよりは、プロフェッサーX、エクソダス、コルテス、クイックシルバー、クリスタル、それに何故だかブラックナイト(アベンジャーズの一員だけど別にミュータントじゃないし、ミュータント問題ともロクに接点がない)といったあたりの主要なメンバーが後ろに仲間たちを引き連れて右往左往してたら、なんか敵と出会ったり、戦闘したり、なんか偶然仲間と合流したりして、そろそろまとめに入ろうかというタイミングで突然デウスエクスマキナが降臨して、そいつ倒したから、一応、物語的には決着したんじゃねーの? とかいう具合で……まあ、1990年代に乱発された「出演者は豪華だけど、中身があんまりない」「イベントのためのイベント」な、クロスオーバーの典型といえばそれまでなのだが。

 まあそもそも、たったの5話では群像劇なんてのは無理だと思うが。

 個人的な感想としては「まあ、過度な期待はせずに」「この時期のX-メンのストーリーラインを抑えておきたい人なら」「ヒーローらが集うというシチュエーションだけでワクワクできる人なら」とかいった感じ。

 まあ、『X-メン』側の話は、ジョン・ロミータJr.とアンディ・キューバートが描いているので、そちらの名前に惹かれる方もどうぞ。

 ……でも最終話は、この2人じゃなくて、当時のアベンジャーズのペンシラーのスティーブン・エプティングが描いてるのが残念ですが(失敬な)。

 とりあえず、収録話は、Avengers (Vol. 1) #368、X-Men #26、Avengers West Coast #101、Uncanny X-Men #307、Avengers (Vol. 1) #369(収録順)。

 後の2012年に出たハードカバー版は、216ページにボリュームが増えてて、本作に登場したエクソダスのオリジンを描いた『ブラックナイト:エクソダス(Black Knight: Exodus)』ワンショット(48ページ)が追加で収録。

 まあ、ソフトカバーを無駄にプレミアつきで買うくらいなら、投売りされてるハードカバーを買うのが賢明。

Avengers/X-Men: Bloodties (Hardcover)
Avengers/X-MenBob Harras Andy Kubert

Marvel 2012-01-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
スポンサーサイト
プロフィール

TPBman

Author:TPBman
管理人:TPBman
適当にアメリカン・コミックスの単行本を読む男。
紹介する本の嗜好の片寄りは人間性の片寄りの現れ。
キメ台詞「伏せろ! 煙は上に流れるんだ!」

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
5522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1025位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング
検索フォーム

RSSリンクの表示
 | T. P. B. (Those Pleasant Books)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。