アメリカン・コミックスの単行本を紹介していくブログ。現在仕込み中につき仮営業。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/01(月)00:00
Green Lantern/Green Arrow Collection vol. 1
Green Lantern/Green Arrow Collection - Volume 1 (Green Arrow (Graphic Novels))Dennis O'Neil

DC Comics 2004-06-01
売り上げランキング : 33533


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Green Lantern/Green Arrow Collection vol. 1
■作:Dennis O'Neil/画:Neal Adams、Dan Adkins、Bernie Wrightson、Frank Giacoia、Dick Giordano
■176ページ/カラー/ソフトカバー/12ドル95セント/ISBN:1401202241

 著名なデニス・オニール&ニール・アダムス期の『グリーンランタン/グリーンアロー』をまとめた単行本。1990年代頃に出ていた全2巻のソフトカバー版の新訂版になる(2004年刊)。

この第1巻では『グリーンランタン(vol. 2)』第76~82号を収録。序文はデニス・オニール。

 大まかに内容を説明すると、品行方正な「宇宙の警察官」グリーンランタンと、市民目線でのヒーロー活動を旨とする「労働者階級の英雄」グリーンアローがコンビを組み、人種差別や公害、青少年への麻薬の蔓延といった当時のアメリカのリアルな問題に取り組んでいく、というもの。

 ジャーナリスト出身のオニールの硬派な題材と、天才アーティスト、ニール・アダムスのダイナミックな画風が合致した、古典的名作とされる。

 オニール&アダムス期の『グリーンランタン/グリーンアロー』は、コミックブックでのリプリントや、ハードカバー版、ソフトカバー版など、様々な形でリプリントされている。とりあえず今から買うのであれば、このソフトカバー新判全2巻を買うのがいいだろう。
  

 参考のために、2000年にでたハードカバー版全1巻を。  
The Green Lantern/Green Arrow Collection
The Green Lantern Green Arrow Collection (Green Lantern - Green Arrow Series)Dennis O'Neil Dick Giordano

Dc Comics 2000-12
売り上げランキング : 1533788


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 箱入りのハードカバーで、装丁も非常にカッコいいが、まあ、今では無闇な古書価格がつけられているので、買う必然性はない。内容的にもソフトカバー版全2巻を揃える方がいい(これについては第2巻の解説を参照のこと)。
  
  
スポンサーサイト
2007/01/01(月)00:00
Green Lantern/Green Arrow Collection vol. 2
Green Lantern/Green Arrow Collection - Volume 2 (Green Arrow (Graphic Novels))Dennis O'Neil
Elliot S. Maggin

DC Comics 2004-08-01
売り上げランキング : 6635


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Green Lantern/Green Arrow Collection vol. 2
■作:Dennis O'Neil/画:Neal Adams、Dick Giordano、Bernie Wrightson
■192ページ/カラー/ソフトカバー/12ドル95セント/ISBN:9781401202306

 デニス・オニール&ニール・アダムス期の『グリーンランタン/グリーンアロー』のソフトカバー単行本第2巻(全2巻)。基本的に1990年代に出されたソフトカバー版の新装版だが、この第2巻は内容が少々変わっているので注意。

 収録作品は、『グリーンランタン(vol. 2)』第83~87、89号、それに『フラッシュ(vol. 1)』第217~219号、226号に掲載された短編を収録。序文をディック・ジョルダーノ(『グリーンランタン/グリーンアロー』当時のアダムスのインカーで、一部の号ではペンシラーも担当)が書いている。

 従来の単行本では、オニール&アダムス期のエピローグである『フラッシュ(vol. 1)』第217~219号までを収録して完結していたのだが、今回はさらにもう1本、『フラッシュ』第226号に掲載された『グリーンランタン』の短編が初収録しているのがポイント。

 この点において、この新版ソフトカバー版は過去に出たハードカバー版や、旧ソフトカバー版よりも、内容的に(短編一本分)上回っているといえよう。

 今から『グリーンランタン/グリーンアロー』を揃えようというのなら、一も二もなく、この新ソフトカバー版全2巻で揃えるべきだ。


 以下余談:

 ちなみに筆者は、オニール&アダムスの『グリーンランタン/グリーンアロー』は、ハードカバー版で揃えていたのだが(※バーゲンで安かったのだ)、「初収録の短編が収録される」という売り文句に惹かれて、この第2巻のみを購入した。

 ――そして、クダンの短編の内容が、「キャンプ中のグリーンランタンが、突然、パワーリングの制御ができなくなってヒドイ目に合う」という、他愛もない話だったことに愕然とした。

 ……いや、後悔はしてないが、「初収録」という言葉に必要以上に期待をふくらませていたことは認めよう。

 とりあえず、旧版のソフトカバーや、リプリントのコミックブックなどで『グリーンランタン/グリーンアロー』を揃えているものの、この第2巻の「初収録の短編」に心を惹かれている御同輩には、「過度な期待をするな」との忠告を残す。
  
  
2007/01/01(月)00:00
Green Lantern Chronicles vol. 1
The Green Lantern Chronicles Vol. 1 (Green Lantern (Graphic Novels))John Broome
Gil Kane

DC Comics 2009-05-05
売り上げランキング : 85165


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Green Lantern Chronicles vol. 1
■作:John Broome/画:Gil Kane、Joe Giella、Murphy Anderson
■160ページ/カラー/ソフトカバー/14ドル99セント/ISBN:9781401221638

 DCのソフトカバー系の新レーベル、「クロニクルズ」の『グリーンランタン』版。「クロニクルズ」というのは、その名の通り、特定のヒーローのコミックスを発表順に収録していくというコンセプトの単行本。

 初期のクロニクルズは「スーパーマン」「バットマン」の2大看板に注力して単行本化していたが、最近では「フラッシュ」「グリーンランタン」もラインナップに参加している。

 最初期の「グリーンランタン」の物語をカラーで、しかも比較的安価に読めるのがウリ(一昔前までは、この時期の「グリーンランタン」を読むには、値の張る「アーカイヴス」レーベルのハードカバー単行本しか選択肢がなかったのだよ)。

 なお、同時期の『グリーンランタン』は、さらに安価で大ボリューム、ただしモノクロ印刷の「ショーケース・プレゼンツ」レーベルでも刊行されている。「読めればいい」というのであれば、こちらを買うのもいいだろう。

 第1巻は『ショーケース』第22~24号と『グリーンランタン(vol. 2)』第1~3号を収録。

  
・以下は余談:

 現在、DCコミックスは、この『グリーンランタン・クロニクルズ』と『ショーケース・プレゼンツ:グリーンランタン』に加えて、ハードカバー版単行本『グリーンランタン・オムニバス』を刊行し、実に3系統で最初期の『グリーンランタン(vol. 2)』を単行本化している。

 全部のレーベルを買うような金と場所のある富豪ならともかく、現実問題としては、どれか1つのレーベルを選択して買わねばならず、なんというか、非常に迷惑だ。
Green Lantern Omnibus vol. 1
The Green Lantern Omnibus Vol. 1John Broome
Gardner F. Fox
Gil Kane

DC Comics 2010-11-26
売り上げランキング : 512191

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 それぞれのレーベルの特徴は以下のような具合。

・『グリーンランタン・クロニクルズ』:フルカラー、ソフトカバー。1巻ごとのボリュームが他のレーベルによりも格段に少ない上、刊行ペースも2年間で3冊と、あまり芳しくはない。ただ、他のレーベルには収録されていない作品もまとめている、というウリはある。第3巻までで、そうした「他レーベルには収録されていない話」は第3巻に1本あるだけだが、続刊がコンスタントに出ていけば、このウリはより大きくなるはず。今後に期待。

・『グリーンランタン:オムニバス』:フルカラー、ハードカバー。2010年末から刊行開始された新シリーズ。第1巻は640ページものボリュームで、『ショーケース』第22~24号と『グリーンランタン(vol. 2)』第1~21号までの24号分を一気に収録。2011年11月に、第2巻が刊行予定でこちらも624ページの大ボリューム。フルカラー&大ボリュームがアドバンテージだが、定価75ドルという価格がややネック。年1冊程度のペースでコンスタントに続刊が出れば最強のレーベルになりうる。

・『ショーケース・プレゼンツ:グリーンランタン』:モノクロ、ソフトカバー。価格が安く、大ボリュームだが、モノクロ印刷という欠点を持つ。3つのレーベルの中では最古参なため、最も多くの単行本が出ており(2011年4月末の時点で第5巻まで)、最多の収録本数(5巻で『グリーンランタン(vol. 2)』第100号までを収録)を誇る。刊行ペースが読めず、続刊が出るのかわからない、という弱点あり(はたして第6巻は出るのか……)

 ちなみに筆者は価格とボリュームをとって「ショーケース・プレゼンツ」で揃えている。
  
  
2007/01/01(月)00:00
Green Lantern Chronicles vol. 2
Green Lantern Chronicles Vol. 2 (Green Lantern (Graphic Novels))John Broome
Gil Kane

DC Comics 2009-12-29
売り上げランキング : 558119


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Green Lantern Chronicles vol. 2
■作:John Broome/画:Gil Kane、Murphy Anderson、Mike Sekowsky、Ross Andru他
■160ページ/カラー/ソフトカバー/14ドル99セント/ISBN:9781401224998

 「クロニクルズ」レーベル版『グリーンランタン』第2巻。

 収録作品は『グリーンランタン(vol. 2)』第4~9号。

 ヘクター・ハモンド(第5号)、トマー・レ(第6号)、シネストロ(第7号)といった、グリーンランタンの作品世界の根幹をなすキャラクターたちが初登場を飾る、重要なイシューを多数収録。

 第1巻のエントリでも触れたが、「クロニクルズ」レーベル以外にも、「オムニバス」、「ショーケース・プレゼンツ」といった他のレーベルでも『グリーンランタン(vol. 2)』の最初期のイシューをまとめた単行本が刊行されている(もう一つ、「アーカイブス」レーベルでも出ていたが、おそらく続刊は出ないだろから省略する)。

 それぞれのレーベルの特徴は、第1巻のエントリにて触れているので、そちらを参照のこと。
  
  
2019/01/01(火)00:01
Showcase Presents: Green Lantern vol. 1
Showcase Presents: Green Lantern v. 1John Broome
Gardner F. Fox
Gil Kane

Titan Books Ltd 2011-01-28
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■Showcase Presents: Green Lantern vol. 1
■作:John Broome、Gardner Fox/画:Gil Kane、Joe Giella、Murphy Anderson
■528ページ/モノクロ /ソフトカバー/9ドル99セント/ISBN:1401207596

「モノクロ印刷で紙質も低くすることでその分価格を抑え、かつ、500ページ前後もの大ボリュームで刊行する」という、割り切ったコンセプトのレーベル「ショーケース・プレゼンツ」より刊行された1冊。

「とにかくオリジナルを“数”を読み込みたい」という人にお勧め。

『ショーケース』第22~24号に掲載されたトライアル連載版「グリーンランタン」と、その後創刊された『グリーンランタン(vol. 2)』第1号~17号までの、実に20号分のコミックを収録。

 シルバーエイジ・グリーンランタンのオリジンに始まり、ガーディアンズ・オブ・ジ・ユニバースやクワード人、シネストロ、トマー・レ等、魅力的なキャラクターたちが揃い、世界観が固まっていく様が見てとれる。
  
  
2019/01/01(火)00:01
Showcase Presents: Green Lantern vol. 2
Showcase Presents: Green Lantern - Volume 2John Broome
Gardner Fox
Gil Kane

DC Comics 2007-02-28
売り上げランキング : 355574


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■Showcase Presents: Green Lantern vol. 2
■作:John Broome、Gardner Fox/画:Gil Kane、Carmine Infantino他
■528ページ/モノクロ /ソフトカバー/16ドル99セント/ISBN:1401212646

「ショーケース・プレゼンツ」レーベルの『グリーンランタン』第2巻。

『グリーンランタン(vol. 2)』第18~37号と、グリーンランタンがゲスト出演した『フラッシュ(vol. 1)』第143号を収録。

 タトゥードマン、ブラックハンドら、近年再評価されている悪人らの初登場に加え、前巻で初登場を果たしたシネストロ、ソナー、スターサファイアといった仇敵の再登場と、グリーンランタンの豊富なヴィランが顔を揃えていく巻。
  
  
2019/01/01(火)00:01
Showcase Presents: Green Lantern vol. 03
Showcase Presents Green Lantern VOL 03John Broome

DC Comics 2008-06-03
売り上げランキング : 52764


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Showcase Presents: Green Lantern vol. 3
■作:John Broome and Gardner Fox/画:Gil Kane、Sid Greene、Carmine Infantino他
■528ページ/モノクロ/ソフトカバー/16ドル99セント/ISBN:9781401217921

『グリーンランタン(vol. 2)』第39~59号を収録。

 初代グリーンランタンとの共演回(第40号)や、スーパーヒロイン・ザターナのゲスト出演回(第42号)、ガイ・ガードナー初登場回(第59号)など、『グリーンランタン』およびシルバーエイジのDCコミックスの世界観的に重要なイシューを収録。この単行本で初収録されたイシューも多数あり。
  
  
 ちなみにザターナは、ガードナー・フォックスが創造したスーパーヒロイン。

 この時期にフォックスがライターを担当していた『ホークマン(vol. 1)』第4号で初登場し、その後『ジ・アトム』『グリーンランタン』『デテクティブ・コミックス』などのフォックス担当誌にゲスト出演していくという、風変わりな方法でプロデュースされた。

 彼女の初登場から、父ザターラが見つかるまでの冒険は、この単行本に収録。
JLA: Zatanna's Search
JLA: Zatanna's Search (Jla (Justice League of America) (Graphic Novels))Gardner Fox Gerry Conway

DC Comics 2004-02-01
売り上げランキング : 557140


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 詳細はこちらのエントリを。
  
  
2019/01/01(火)00:01
Showcase Presents: Green Lantern vol. 4
Showcase Presents: Green Lantern Vol. 4 (Green Lantern (Graphic Novels))Various
Gil Kane

DC Comics 2009-06-16
売り上げランキング : 268161


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Showcase Presents: Green Lantern vol. 4
■作:Dennis O'Neil、John Broome他/画:Gil Kane、Mike Fekowsky他
■392ページ/モノクロ/ソフトカバー/16ドル99セント/ISBN:9781401222789

 大ボリュームの「ショーケース・プレゼンツ」レーベルによるシルバーエイジ『グリーンランタン』第4巻。『グリーンランタン(vol. 2)』第60~75号を収録。

 この巻をもってジョン・ブルーム&ガードナー・フォックス作、ギル・ケーン画の黄金のトリオによる体制が終了し、第76号よりデニス・オニール&ニール・アダムスの新世代作家陣にバトンが渡される。

 ……なお、この巻できれいに「ブルーム&フォックス&ケーン」期に区切りをつけようとしたためか、この第4巻はページ数が従来の巻に比して100ページ以上も削減されている(しかもお値段据え置きで少々ションボリ)。

 しかしながら、ほぼ全てのイシューが単行本初収録なのは、減ページを補って余りある快挙だと思う。
  
  
2019/01/01(火)00:01
Showcase Presents Green Lantern vol. 5
Showcase Presents Green Lantern Vol. 5Denny O'Neil
Neal Adams

DC Comics 2011-05-03
売り上げランキング : 97203


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■Showcase Presents: Green Lantern vol. 5
■作:Dennis O'Neil、Elliot S. Maggin/画:Neal Adams、Dick Giordano、Mike Grell、Vince Colletta他
■496ページ/モノクロ/ソフトカバー/19ドル99セント/ISBN:9781401230234

 第4巻の刊行から丸2年空けて刊行された、久々の『ショーケース・プレゼンツ:グリーンランタン』第5巻。

 収録作品は『グリーンランタン(vol. 2)』第76~100号(※ニール・アダムスが原稿を落とした第88号は、過去のコミックの再録のため、おそらくカバーのみの収録だろうが)。

 デニス・オニール&ニール・アダムスによる、伝説の『グリーンランタン&グリーンアロー』期(『グリーンランタン(vol. 2)』第76~89号)に加え、後半第90~100号は初単行本化という、非常にバリューの高い内容となっている。

 ついでにいえば、第88号は黒人グリーンランタン、ジョン・スチュアートの初登場号。またスチュアートは第94~95号にも登場している。また第100号は、グリーンランタン(ハル・ジョーダン)の従弟ハル・ジョーダン・ジュニアこと2代目エアウェーブの初登場号になる。

 なお『グリーンランタン(vol. 2)』誌は、1972年に第89号[1972/4-5]をもって一端、打ち切られている。

 その後1976年に、当時のDCの拡大路線を受けて『グリーンランタン』誌は復活(※番号は継続して第90号から)した。

 要するに、この『ショーケース・プレゼンツ:グリーンランタン』第5号の前半部(第76~89号)と後半部(第90~100号)の間には、実に丸4年もの開きが生じている。

 ちなみに、この4年の間、「グリーンランタン」はコミックから姿を消してはおらず、『ザ・フラッシュ』誌の巻末にて、毎月8ページ程度のボリュームで連載を継続していた。

 それらの『ザ・フラッシュ』巻末連載分は、この『ショーケース・プレゼンツ:グリーンランタン』第5巻には収録されていないので注意すること(個人的にはむしろこれらを収録して欲しかったのだが)。

 デニス・オニール&ニール・アダムスによる『グリーンランタン&グリーンアロー』の詳細については、別項で。
  
  
プロフィール

TPBman

Author:TPBman
管理人:TPBman
適当にアメリカン・コミックスの単行本を読む男。
紹介する本の嗜好の片寄りは人間性の片寄りの現れ。
キメ台詞「伏せろ! 煙は上に流れるんだ!」

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
6640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1231位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング
検索フォーム

RSSリンクの表示
 | T. P. B. (Those Pleasant Books)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。