アメリカン・コミックスの単行本を紹介していくブログ。現在仕込み中につき仮営業。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/01(日)00:00
The Life Story of Flash
Life Story of FlashBrian Augustyn
Mark Waid

DC Comics 1998-08-01
売り上げランキング : 1583971


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■The Life Story of The Flash
■作:Mark Waid、Brian Augustyn/画:Gil Kane、Joe Staton、Tom Palmer
■96ページ/カラー/ソフトカバー/12ドル95セント/ISBN:9781563893896

 著名なフォトジャーナリストであり、2代目フラッシュ(バリー・アレン)氏の妻でもあったアイリス・ウェスト女史による、2代目フラッシュの伝記。彼がいかに成長し、フラッシュの能力を手に入れ、そしてウェスト女史と結婚し、その後の数奇な運命を辿っていったかが豊富な図版と共に丁寧に綴った一冊。

 ……と、いう体裁で、2代目フラッシュの歴史を、刊行当時(1998年)の『ザ・フラッシュ』のライターだったマーク・ウェイドとブライアン・オーガスティン(こちらは『ザ・フラッシュ』の担当編集)が絵物語風にまとめた一冊。アートは過去作品からの再収録ではなく、ベテラン、ギル・ケーンを中心とした3人が描き下ろしている。

 案外に知られていない2代目フラッシュの歴史をシルバーエイジ~『クライシス』まで、全96ページで解りやすくまとめた、デキの良い資料で、現行の『ザ・フラッシュ』を読む上での参考資料としても優れていると思う。

 ちなみに現時点(2011年)では、バリー・アレンは『ファイナル・クライシス』にて復活をとげているのだが、この単行本が刊行された時点ではバリーは『クライシス・オン・インフィニット・アーシズ』で死亡したものとされていたので、この「伝記」も、バリーの歴史は『クライシス』のエピソードで終わっている。

 2代目フラッシュの歴史は、割合に「誕生の経緯」と、「『クライシス』での死」という「スタートとゴール」だけが取り上げられ、その間について言及される機会は少ないので、その意味ではなかなか得難い一冊だといえる。


 なお、最近「ショーケース・プレゼンツ」レーベルで刊行された『トライアル・オブ・ザ・フラッシュ』は1983年から1986念まで長期に展開されたストーリーラインを単行本化したもの。

Showcase Presents: Trial of the Flash
Showcase Presents: Trial of the FlashVarious

DC Comics 2011-08-16
売り上げランキング : 105959


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 雑誌『ザ・フラッシュ(vol. 1)』の最終エピソードで、仇敵リバース・フラッシュから再婚相手(この当時、アイリスはリバース・フラッシュに殺害されていた)を守るために、望まずしてリバース・フラッシュを殺害してしまったフラッシュが、殺人容疑で逮捕され、裁判を受ける、というあらすじ。

 ちなみに本エピソードの最終話である『ザ・フラッシュ(vol. 1)』第350号(最終号)の翌月に、フラッシュが死亡する『クライシス』第8号が刊行されている。なんたる計算ずくか。

 閑話休題。

 なお、今回の『トライアル~』単行本は、フラッシュがリバース・フラッシュを殺害する『フラッシュ』第323号からの収録となるため、本作以前のフラッシュとリバース・フラッシュとの因縁については、いささか解りづらくなっている。

 なので、まず、『ライフ・ストーリー・オブ・フラッシュ』に目を通し、フラッシュとリバース・フラッシュとの因縁を押さえた上で、『トライアル・オブ・ザ・フラッシュ』を読み始めるのもいいかも知れない。――ただ、本書はその性質上、『トライアル・オブ・ザ・フラッシュ』のラストのネタ晴らしもアケスケに書いてしまっているので注意されたし。
  
  
スポンサーサイト
プロフィール

TPBman

Author:TPBman
管理人:TPBman
適当にアメリカン・コミックスの単行本を読む男。
紹介する本の嗜好の片寄りは人間性の片寄りの現れ。
キメ台詞「伏せろ! 煙は上に流れるんだ!」

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
6640位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1231位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング
検索フォーム

RSSリンクの表示
 | T. P. B. (Those Pleasant Books)TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。